成功する経営者とは

夢の独立!でも現実は甘くない? 成功する経営者とは

経営して3年で倒産する企業は7割以上とも言われています。当店の加盟店様も全部が全部、成功しているわけではありません。その明暗を分けるものは何でしょうか。
37年にわたり、数多くのオーナー様を支援してきたトータルリペアだからこそ、わかることがあります。

「まじめであること」

「まじめであること」これが一つ目の条件です。
いろいろなお得意様から仕事を継続してもらうためには、信用は必要不可欠です。約束を守らない、仕事がいい加減、恩を仇で返す。そんな経営でうまくいくはずがありません。
もっとも、これは経営に限らずそうですね。しかし、経営は信用が死活問題となるため「まじめであること」が必須なのです。

「行動力がある」

「行動力」と聞いて、どんなイメージを持ちますか?
初めての経営は、やってみないと想像がつかないことがたくさんあります。うまくいくかどうかわからない…といったときに、行動に移せる人と、そうでない人では大きな差が出ます。トータルリペアでは、そんな経営者様の迷いを少なくできるよう、営業同行や、各種サポートも充実していますので、「とにかくやってみよう!」というお気持ちのオーナー様は成功する確率が高いようです。

「継続は力なり」

トータルリペアの加盟店の場合は、特にこれが重要です。技術レッスンも、営業も、継続し続ければ伸びる仕組みが出来上がっています。
ビジネスの現場においては、結果が出るまでに多少時間差があるものも少なからずあります。そんなときに、結果が出ないからとすぐやめてしまっては意味がありません。
諦めずに継続していれば、成果もおのずとついてきます。これが、トータルリペアが37年、成長し続けている証なのです。

では、失敗する経営とは?

失敗する経営も少なからずあります。トータルリペアに加盟していながら、私たちのサポートも及ばず、撤退された事業主様の傾向と特徴を一部ご紹介します。

失敗する経営者とは